年齢認証の落とし穴

出会い系サイトに登録する場合には、その運営者側が利用者に対し年齢確認をすることを義務付けられています。
これは出会い系サイトを利用した未成年の援助交際が横行したことから、出会い系規制法が改正されたということによるものです。

 

出会い系サイトを利用することが出来る年齢というのは18歳以上です。
この年齢確認が義務付けられているのは出会い系サイトだけではなく例えば結婚情報サービスも同じです。

 

年齢確認を行う方法は、運転免許証やパスポートなど、公的に年齢確認が可能とされているもののコピーを郵送もしくはFAXしたり、または写メにより送信するという方法があります。
クレジットカードの番号を伝えることで確認するという方法もあります。
しかしお気づきの方も多いでしょう。
このクレジットカードによる年齢確認というのは非常に危険が伴います。
優良出会い系サイトであればクレジットカードでの年齢認証はなにも問題はありません。
しかしそれが悪質な出会い系サイトであった場合、考えるだけでも恐ろしいのですがクレジットカードの番号とそして氏名を悪質な出会い系サイトに伝えてしまうということになるのです。

 

セフレを探すということは男女問わずにわくわくとするものでしょう。
しかしそれは出会い系サイトがどのようなものであるのかしっかりと知った上で利用しなければならないということです。
今では出会い系サイトに関する法律まで制定され、利用者が安全にそして安心に使うことが出来るようになっています。
そのことをしっかりと認識しながら自分も法律をしっかりと守ったうえで利用してもらいたいと考えています。


ホーム