架空請求への対応

架空請求という言葉は現代ではほとんどの人が知っている者となりある時期には連日メディアでも取り上げられるものでありました。
簡単に言うと架空請求とは、実際には利用していないにもかかわらずまるで利用したかのような記載で請求が届くことをいいます。

 

多く出回っていた架空請求ですが、現在はそのようなことをする悪徳業者は格段に少なくなっています。
というのも、はがきなどで送りつけていた架空請求ですがやはりまだそのことに未知な時代には誰もが怯えたものでした。
慌てて記載されている電話番号に連絡をし、結局は料金を支払ってしまうということが続々とありました。
しかし現代ではその架空請求のはがきや文書が届いたとしても無視するという方法が一般的になっています。
逆に架空請求のはがきが届けば、自分のところにもついに来たと笑いのタネです。
身に覚えのないものであればそのような対処でいいのです。

 

しかし実際に利用した物の請求書であることもあります。
そんな時でも最初は架空請求との見分けがつきませんので無視をしていた構いません。
裁判所から督促状が来た時はじめて動く、というくらいでいいのです。
裁判所からきた督促状であったもポストに入っているようなものであれば無視してかまいません。
裁判所からの通達というのは直接渡すということが義務付けられています。

 

それほどまでに架空請求というものは多くあり安易に動くことは非常に危険なことだということを覚えておきましょう。


ホーム